あおあおみどり

Hatena Blogはじめました。

五年間を耐え抜いたeufoniusファンから、このはな綺譚・ランティス関係者様にお願いです

 先日、といっても8月7日と随分前の話になるが、このはな綺譚というTVアニメの主題歌をeufoniusが担当することが発表された。

 eufoファンであることは以前も書いた通りだが、これは一大ニュース程度で済まされない、eufoファンにとってはこれまでで最も大きな知らせの一つだった。

 これが随分前の話となったのは、第1話を観て、聴いてから書きたかったからである。

 

 ご存じの方も多いと思うが、メンバーのkiku氏によるTwitterでの発言をきっかけに、この五年間大きなタイアップが皆無であった。では小さなタイアップはあったのかというと、アニメ「どうしても干支にはいりたい」やスマホゲーム「ガールフレンド(♪)」等であるが、はっきり言ってあまり知られていない。

 やはりTVアニメ主題歌というのは、所謂“アニソンアーティスト”にとって花形であると思う。売上にしても知名度にしても、例えばeufoのようにノンタイアップ中心の活動を平行出来るのは、大きなタイアップがあったからだと言わざるを得ない。

 そしてやはり、最後の大きなタイアップとなっていた「パラダイム」以降、eufoの動向を一切目にしなかったアニメファンは多いようで、eufoファンとしては賛否問わず多くの意見を目にする今の状況は、かつての興隆を見るようで胸が躍る。

 

 

 

 この間五年。メンバーお二人もレーベルもファンもよく忍んだものだ。まあファンの方はボロボロと脱けていったが。

 記憶星図καλυτερυζ、ライブ等、ランティスへの感謝は言い尽くせない。

 ファンについても、昨年6月の自主アルバムでオリコンの数字を出す程度には残っていたようだ。

 そうしたファンには、

  1. ライブに足を運ぶ古くからのファン
  2. 自主レーベルの活動に価値を見いだしていたファン
  3. コンテンツの供給量を気にしないファン
  4. ハイレゾ配信の本格化によって新たに獲得したファン

複数回答可でこれだけいると思っているが、ここで重要なのは4、この五年の間に新たに獲得したファンである。

 ハイレゾ配信ではほぼ毎回デイリーランキング1位、さらには年間4位等、小さな配信サイトであることを考慮しても明らかに新規のファンがいる。

 これらはのうりん等からハイレゾに手を出したアニメファンかもしれないし、アニメなどに全く興味の無いオーディオファンかもしれない。

 

 

 何としても、彼らをこのタイアップに巻き込まなければならない。

 

 

 タイトルにあるお願いというのは他でもない、OPシングルのハイレゾ配信を実現していただきたい。

 それも、これまでのハイレゾ配信で獲得した新規ファンを納得させられるクオリティーのものを、である。

 

  ここからは個人の願望が入る。

 僭越ながら、ランティスハイレゾ配信には、純粋に音質を求めるファンを裏切るかのようなものがある。例えば96kHz音源で22.05kHzまでしか出ていないかと思えば、CDではさらにハイカットしている盤がそうだ。

 eufoでは少なくともそういうことは避けられると証明されている上、96kHzや88.2kHzで制作が行われていることも公言されている。

 これまでのランティスレーベルのeufo盤は、概ね音質においてもかなり良いものが多いと思っている。袴田剛史氏がクレジットされていることによる安心感はとても大きい。

 

 

 

 今がレジュームの好機であると思っている。